HOME > ニュース >

ルーファス・ウェインライト、マーク・ロンソンProの新作『Out Of The Game』を4月リリース

2012/02/01 09:48掲載(Last Update:2012/02/01 10:45)
Rufus Wainwright
Rufus Wainwright
ルーファス・ウェインライト(Rufus Wainwright)が通算7作目のスタジオ・アルバムとなる新作『Out Of The Game』を海外で4月23日に発売。

2010年作『All Days Are Nights: Songs For Lulu』に続くスタジオ・アルバム。本作のプロデューサーにはマーク・ロンソン(Mark Ronson)を起用。レコーディングは昨年秋にNYで行われ、NYを拠点にするファンク=ソウル・バンドのダップ・キングス(Dap-Kings)や、ショーン・レノン(Sean Lennon)マーサ・ウェインライト(Martha Wainwright)ヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)のニック・ジナー、ウィルコ(Wilco)のネルス・クラインらが制作に参加。アルバムには全12曲が収録される予定で、CDのみの通常盤に加え、DVD付デラックスエディションも同日発売されます。

新作についてルーファスは「今までで最もポップなアルバム」と述べ、またプロデューサーのマークも「自身のキャリアで最も良い出来のアルバム」と説明しています。

●ルーファス・ウェインライト 公式サイト
http://www.rufuswainwright.com/
●『Out Of The Game』
1. Out Of The Game
2. Jericho
3. Rashida
4. Barbara
5. Welcome To The Ball
6. Montauk
7. Bitter Tears
8. Respectable Dive
9. Perfect Man
10. Sometimes You Need
11. Song Of You
12. Candles