HOME > ニュース >

デヴィッド・ボウイとマレーネ・ディートリッヒが共演した映画『ジャスト・ア・ジゴロ』 サントラが初CD化

2019/02/11 11:53掲載
VA / JUST A GIGOLO - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK
VA / JUST A GIGOLO - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)とマレーネ・ディートリッヒが共演。第一次大戦敗北後の荒廃したベルリンを舞台に、行き場の無いままジゴロに身を落とし、そして死んでいった一人の青年の姿を描く映画『ジャスト・ア・ジゴロ』。オリジナル・サウンドトラック・アルバムが初CD化。海外で3月15日、日本で3月27日発売。リイシュー元は海外はCherry Red、日本はミュージック・シーン(MSI)

以下、日本盤インフォメーションより

第一次世界大戦直後のベルリンを舞台にデヴィッド・ボウイ演じるジゴロの生涯を描いた映画(1978年)のサウンドトラックが初CD化! レベル名義でボウイが参加した「革命の歌」、共演したマレーネ・デートリッヒが歌うタイトル・ソング、同じく共演したシドニー・ロームが歌う「ドント・レット・イット・ビー・トゥー・ロング」、マンハッタン・トランスファーの「ジョニー」「ジェラス・アイズ」「奥様お手をどうぞ」、ヴィレッジ・ピープルの「ジャスト・ア・ジゴロ(アイ・エイント・ゴット・ノーバディ)」などオリジナル収録の15曲に加えマレーネ・デートリッヒの「ジャスト・ア・ジゴロ」のアウトテイク、ドイツ語ヴァージョン、クラブ・ミックス、「革命の歌」の別ヴァージョン、インストゥルメンタルなど7曲をボーナス・トラックとして収録。解説: 赤岩和美。
●『JUST A GIGOLO - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK』

1. Just a Gigolo - Marlene Dietrich
2. Salome - the Pasadena Roof Orchestra
3. The Revolutionary Song (Part 1) - the Rebels
4. Johnny - the Manhattan Transfer
5. The Streets of Berlin - the Gunther Fischer Orchestra
6. Charmaine - the Pasadena Roof Orchestra
7. Just a Gigolo (Instrumental - Piano) - Marlene Dietrich
8. Don't Let It Be Too Long - Sydne Rome
9. The Ragtime Dance - the Ragtimers
10. Jealous Eyes - the Manhattan Transfer
11. The Revolutionary Song (Part 2) - the Rebels
12. I Kiss Your Hand, Madame - the Manhattan Transfer
13. Just a Gigolo (Outtake) - Marlene Dietrich
14. Kissing Time - the Gunther Fischer Quintet
15. Black Bottom - the Pasadena Roof Orchestra
16. The Revolutionary Song (Part 3) - the Rebels
17. Auf Wiedersehen Gigolo - Marlene Dietrich & Choir
18. Jealous Eyes - the Barnabus Orchestra
19. Easy Winners - the Ragtimers
20. The Revolutionary Song (Part 4 - Instrumental) - the Rebels
21. Just a Gigolo - I Ain't Got Nobody - Village People
22. Just a Gigolo (Club Mix) - Marlene Dietrich