HOME > ニュース >

トッド・ラングレンズ・ユートピア 2018年復活ライヴ・ツアーのライヴ作品を4月発売

2019/02/11 10:04掲載
Todd Rundgren's Utopia / Live At The Chicago Theatre
Todd Rundgren's Utopia / Live At The Chicago Theatre
トッド・ラングレンズ・ユートピア(Todd Rundgren's Utopia)が2018年に行った復活ライヴ・ツアーから、5月22日シカゴ公演の模様を完全収録したライヴ作品『Live At The Chicago Theatre』が海外で4月5日、日本で4月25日に発売。本作はCD2枚+DVD+Blu-rayの4枚組。リリース元は海外はCleopatra Entertainment、日本はミュージック・シーン(MSI)。

以下、日本盤インフォメーションより

トッド・ラングレン率いるユートピアが2018年に行った30余年振りの全米ツアーから、5月22日シカゴにおける公演の模様を完全収録した2CD+DVD+ブルーレイ・セット。代表曲を網羅したそのステージを目と耳で体験できる待望のパッケージ。 ザ・ムーヴのカヴァー「ドゥ・ヤ」を含むプログレッシヴ期のユートピアの代表的レパートリーを前半、パワー・ポップ・ユニットへと変貌を遂げた後期のレパートリーを後半に配した、過去に例のない贅沢な演目で構成。80年代に発表されたものの、これまでユートピアのツアーで取り上げられる機会のなかった「モニュメント」「アイ・ウィル・ウェイト」を含む全24曲を収録。 ヴォーカリストとしても人気を博したカシム・サルトン(b, vo)、トッドとの共演は92年以来となるウィリー・ウィルコクス(ds, vo)、トッド(g, vo)の円熟したパフォーマンスはもちろん、健康問題から参加を見送ったロジャー・パウエル~ラルフ・シュケットの代役として急遽起用されたキーボード・プレイヤー、ギル・アサヤス(ミスフラッグ)の好演も聴きどころの一つ。解説: 若月眞人。