HOME > ニュース >

ハロウィンの「A Tale That Wasn't Right」をアコギとヴァイオリンのデュオがカヴァー

2019/02/05 15:43掲載
A Tale That Wasn't Right (HELLOWEEN) Acoustic - Guitar & Violin by Thomas Zwijsen & Wiki Krawczyk
A Tale That Wasn't Right (HELLOWEEN) Acoustic - Guitar & Violin by Thomas Zwijsen & Wiki Krawczyk
ハロウィン(Helloween)の「A Tale That Wasn't Right」(『Keeper Of The Seven Keys Part 1(邦題:守護神伝 -第一章-)』収録)をアコースティックギターとヴァイオリンのデュオがカヴァー。演奏は、メタル楽曲のアコースティックギター・カヴァーで知られるオランダ出身のクラシックギター奏者トーマス・ズァイスン(Thomas Zwijsen)と、彼の婚約者であるヴァイオリン奏者のWiktoria Krawczyk。パフォーマンス映像が公開されています。