HOME > ニュース >

ヴァン・モリソン、自身の声を守るためにタバコをやめる

2018/12/29 11:54掲載
Van Morrison
Van Morrison
ヴァン・モリソン(Van Morrison)は、自身の声を守るためにタバコをやめ、あまり話しすぎないようにしていると、英MOJO誌の最新インタビューで語っています。

モリソンは、自分の声をどう維持しているのかと尋ねられ、特別な措置はしていないが、あまり話さないようにしており、またタバコが悪影響を及ぼしていることに気づいたので喫煙をやめたと説明しています。

またモリソンは同誌のインタビューで、過去に音楽業界を去ることを考えていたが、お金が必要だったので続けなければならなかったことがあったとも説明しています。モリソンは「働かなければならない時もある。例えば、たくさんの請求書が来た時とか。生き残るために外に出て稼ぐ。それが私は数回起こった」と述べています。