HOME > ニュース >

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の本編では削除された日本公演シーン 撮影舞台裏映像が公開

2018/12/27 09:45掲載(Last Update:2018/12/28 01:07)
Bohemian Rhapsody - deleted scene - perform ‘39 in Japan
Bohemian Rhapsody - deleted scene - perform ‘39 in Japan
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の本編では削除された日本公演シーン。その撮影舞台裏映像を監督のブライアン・シンガーが自身のInstagramページで公開しています。曲はアルバム『A Night at the Opera(邦題:オペラ座の夜)』から「'39」。

以前にジョン・ディーコン(John Deacon)役のジョゼフ・マゼロは自身のInstagramページにて、削除された日本公演シーンで「'39」のパフォーマンスを撮影したことを明らかにしており、写真を投稿していました。

今回、ブライアン・シンガーが投稿した映像には日本公演シーンであるとは明記されていませんが、衣装やステージの様子などがジョゼフ・マゼロが投稿した写真と一致し、また観客や警備のスタッフが日本人であるように見えることから、日本公演シーンの映像と言えます。



以下はジョゼフ・マゼロが自身のInstagramページで公開した写真。

※2枚目の写真が日本公演シーンのもの。