HOME > ニュース >

2015年のエイフェックス・ツイン未発表音源大量アップはやはり本人だった、この音源を使った1時間のミックスも公開

2018/11/30 12:45掲載
Aphex Twin
Aphex Twin
2015年の初め、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)のデモのような未発表音源がSoundCloudページに269曲アップされて話題を集めました。当時からエイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムス(Richard D. James)本人が音源をアップしていると言われていましたが、Crack Magazineの最新インタビューで、ジェイムス本人がアップしていたことが明らかにされています。ジェイムスは“あれはほんとに、ただの自然発生的なものでした”と述べています。

Crack Magazineでは、この時にSoundCloudページにアップされた269曲の中から厳選したトラックを使った約1時間のミックス音源「Best of Aphex Twin's SoundCloud dump」を公開しています。ミックスを手がけたのはノルウェーのプロデューサーEOD



Tracklist
(throatie)
@FX – ChatterwavesTRIXT2
scorrier
bpjdrop forge
high hats tune tamclap orig
gerald remix
lannerlog
subCan
dual acid ab6
MTG edit eq
heliosphan live
T08+4
fork rave
fresher + cleaner
notting hill bus
cottage3 e
mello punchy
cutting
autumn travels
floating
179 brk 2
ibiza spliff