HOME > ニュース >

ドリーム・シアターのジェイムズ・ラブリエがヴォーカル参加、ラスト・ユニオンが新曲「Taken」のMV公開

2018/11/23 21:29掲載
Last Union
Last Union
シンフォニーX(Symphony X)マイケル・レポンド(Mike Lepond)、元ハロウィン(Helloween)/元マスタープラン(Masterplan)ウリ・カッシュ(Uli Kusch)が参加するイタリアのプログレッシヴ・メタル・バンド、 ラスト・ユニオン(Last Union)ドリーム・シアター(Dream Theater)ジェイムズ・ラブリエ(James LaBrie)がフィーチャリング参加した新曲「Taken」のミュージックビデオを公開。この曲はデビュー・アルバム『Twevle』に収録



アルバムは海外で12月21日発売。リリース元はROAR! Rock Of Angels Records。

ラスト・ユニオンはもともと、BLAZING ICEと呼ばれていた3人組バンドで、ヴォーカリストのElisa Scarpeccio 、ギタリストのCristiano Tiberi、キーボード奏者のClaudio Felizianiによって2007年にイタリアで結成されています。その後、Claudio Felizianiは正式なメンバーから抜け、マイケル・レポンドとウリ・カッシュを迎えてデビュー・アルバムを完成させています。

ジェイムズ・ラブリエは計3曲に参加しています。

以下は以前に公開された映像

「President Evil (Feat. James LaBrie)」のミュージックビデオ
Last Union:

Elisa Scarpeccio / Vocals
Cristiano Tiberi / Guitars
Mike LePond / Bass (Symphony X)
Uli Kusch / Drums (ex:Helloween, ex:Masterplan)

Feat. James LaBrie on vocals (Dream Theater)


●『Twevle』

1. Most Beautiful Day
2. President Evil (Feat. James LaBrie)
3. Hardest Way
4. Purple Angels
5. The Best Of Magic
6. Taken (Feat. James LaBrie) -Radio Edit-
7. 18 Euphoria
8. A Place In Heaven (Feat. James LaBrie)
9. Ghostwriter
10. Limousine
11. Back In The Shadow
12. Taken (Feat. James LaBrie)
13. President Evil (Feat. James LaBrie) -Video Version-