HOME > ニュース >

カントリー・ミュージックのレジェンド、ロイ・クラークが死去

2018/11/16 05:46掲載
Roy Clark - CREDIT: AP Photo/Mark Humphrey
Roy Clark - CREDIT: AP Photo/Mark Humphrey
カントリー・ミュージックのレジェンド、ロイ・クラーク(Roy Clark)が11月15日、オクラホマ州タルサの自宅で死去。死因は肺炎の合併症。85歳でした。ギター、バンジョー、フィドルの名手として知られ、米バラエティ番組『Hee Haw』(1969年〜1993年)のホストを務めたことでも知られています。ヒット曲は「Yesterday, When I Was Young」。2009年にカントリー・ミュージックの殿堂(Country Music Hall of Fame)入りを果たしています