HOME > ニュース >

ブラック・サバスの故郷に“ブラック・サバス橋”誕生か!? メンバーがデザインされたメタル・ベンチの設置も計画

2018/11/13 09:54掲載
Black Sabbath Bridge 案
Black Sabbath Bridge 案
ブラック・サバス(Black Sabbath)の故郷バーミンガムでは、橋の名前を“ブラック・サバス橋”に改名し、その橋にメンバー4人がデザインされたメタル・ベンチを置く、という計画があるとのこと。地元のタブロイド紙Birmingham Mailが報じています。

同紙によれば、バーミンガムのジュエラリー・クォーター地区にあるブロードストリートの橋を“ブラック・サバス橋(Black Sabbath Bridge)”に改名する計画で、その橋にステンレス鋼製の特製メタル・ベンチを置く予定。このベンチには“Geezer. Ozzy. Tony. Bill. Made in Birmingham 1968”と刻まれ、オリジナル・ラインナップ4人のイメージも付けられる予定です。またベンチの前も舗装され、星印がクロスの形で刻まれる計画です