HOME > ニュース >

80年代のヒット曲をシンフォニック版で収めたコンピ盤『80s Symphonic』からエコー&ザ・バニーメン楽曲が公開

2018/11/09 07:49掲載(Last Update:2018/11/10 05:46)
VA / 80s Symphonic
VA / 80s Symphonic
デヴィッド・ボウイ、a-ha、ウルトラヴォックス、エコー&ザ・バニーメン、ティナ・ターナー、フォリナー、ザ・カーズ、プリテンダーズなど、80年代のヒット曲を、当時のオリジナル・レコーディングと、オーケストラの新たな演奏とを組み合わせたシンフォニック・ヴァージョンで収めたコンピレーション・アルバム『80s Symphonic』が海外で発売。

この作品から新たにエコー&ザ・バニーメン(Echo and the Bunnymen)「The Killing Moon (Symphonic Version)」が公開。Spotifyで聴けます



この作品では、各アーティストからの許可を得て、プロデューサー&アレンジャーのアンディ・ライトを中心に制作が行われています。デヴィッド・ボウイの「Let’s Dance」はオリジナル・プロデューサーのナイル・ロジャース自身がアレンジ、指揮、プロデュースを担当。他の楽曲のオーケストラ・アレンジはサム・スワローが手がけています。

CD版は11月9日、アナログレコード版は12月7日に発売。

以下は以前に公開された音源・映像

シンプル・マインズ「Alive and Kicking (Symphonic Version)」


a-ha「Take On Me (Symphonic Version)」


ナイル・ロジャースが手がけたデヴィッド・ボウイ「Let’s Dance」のSTRING VERSIONのトレーラー映像
●『80s Symphonic』

1. Let's Dance (Nile Rodgers' String Version) - David Bowie
2. Take On Me (Symphonic Version) - a-ha
3. Alive and Kicking (Symphonic Version) - Simple Minds
4. Vienna (Symphonic Version) - Ultravox
5. The Killing Moon (Symphonic Version) - Echo & The Bunnymen
6. Smalltown Boy (Symphonic Version) - Bronski Beat
7. What Is Love? (Symphonic Version) - Howard Jones
8. What's Love Got To Do With It (Symphonic Version) - Tina Turner
9. Holding Back the Years (Symphonic Version) - Simply Red
10. Josephine (Symphonic Version) - Chris Rea
11. Hard Habit to Break (Symphonic Version) - Chicago
12. It Must Have Been Love (Symphonic Version) - Roxette
13. I Want To Know What Love Is (Symphonic Version) - Foreigner
14. Drive (Symphonic Version) - The Cars
15. 2000 Miles (Symphonic Version) - Pretenders