HOME > ニュース >

オタフクソース、片渕須直ら『この世界の片隅に』スタッフ集結のWebアニメ公開 

2018/10/10 10:18掲載
オタフクソース「わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜」
オタフクソース「わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜」
オタフクソースは、片渕須直、こうの史代、コトリンゴ、尾身美詞ら大ヒット映画『この世界の片隅に』制作メンバーが再集結した新作WEBアニメーション『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』その1(全3話)を、“お好み焼きの日“の2018年10月10日(水)午前10時より、オタフクソースYouTube公式アカウントで公開。オタフクソースの新コーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」をテーマに描いたちょっと心温まる全3話。

●「私の名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに〜」


以下プレスリリースより

オタフクソース株式会社(広島県広島市、代表取締役社長 佐々木直義)は、2018年10月より新たに策定したコーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を訴求するWEBアニメーション『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』 その1(全3話)を、“お好み焼きの日“の2018年10月10日(水)午前10時より、オタフクソースYouTube公式アカウントで公開します。

本作品には、監督・脚本の片渕須直監督をはじめ、大ヒット映画『この世界の片隅に』を手掛けた豪華メンバーが参加。キャラクター原案はこうの史代さん、音楽はコトリンゴさん、主人公の声を演じているのは、「この世界の片隅に」で径子を演じた尾身美詞さん、アニメーションはMAPPAが制作しました。

その1は、1028歳の主人公・オオタフクコが、戦後の広島で出会った「一銭洋食」(お好み焼きの原型となった鉄板料理)を通じて、行く先々で一緒に鉄板を囲んだ人たちに、小さな幸せと笑顔の輪を広げていく姿が、コミカルかつほのぼのとした世界観とともに描かれます。

なお、今回のその1に続いて、その2は11月上旬より、その3は12月上旬より順次公開予定。時代を越え、国境を越えて旅するオオタフクコが描かれます。

■アニメーション特設サイト
https://www.otafuku.co.jp/corporate/lp/animation/

●オオタフクコ

長い長い時を生き続けている永遠の1028歳。自由気ままな性格で、長い長い時を生き続けているわりに、いつまでも子どものように無邪気なまま。食いしん坊で、お好み焼きを焼くのが得意。

●コーポレートスローガンについて

小さな幸せを、地球の幸せに。

当社は昨今の多様化する食シーンにおいて、美味しいお好み焼きを囲む「小さな幸せ」を、国境や人種を問わず、新たな発見とともに社会全体へ広げていきたいという想いから、2018年度のコーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を新たに策定しました。
これにより国内の変化に柔軟に対応しつつ、現代に不足しがちな「小さな幸せ」を体現し、その形が地球にも似ている「お好み焼き」と「オタフクソース」の海外展開を、より加速させていきたいと考えています。

今回のWEBアニメーションでも、主人公のオオタフクコが時代を越え、国境を越えて、普遍的な「小さな幸せ」に出会うストーリーが展開されています。