HOME > ニュース >

The Pains of Being Pure at Heartがトム・ペティ『Full Moon Fever』を丸ごとカヴァー、1曲試聴可

2018/10/03 06:14掲載
The Pains of Being Pure at Heart / Full Moon Fever
The Pains of Being Pure at Heart / Full Moon Fever
米シューゲイザー/ドリーム・ポップ・バンド、ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート(The Pains of Being Pure at Heart)トム・ペティ(Tom Petty)のソロ・アルバム『Full Moon Fever』(1989年)を丸ごとカヴァー。カヴァー・アルバムから「Runnin' Down A Dream」のカヴァーが聴けます。

この丸ごとカヴァーは、米シアトル拠点のメディア/レーベルTurntable Kitchenの定期購読サービス「Sounds Delicious」の会員向け企画。Turntable Kitchenは、選りすぐりの音楽と料理レシピを自宅に届ける宅配サービス「Pairings Box」などを米シアトルを拠点に展開している“食×音楽”をテーマに運営しているプロジェクト/メディア/レーベル。同レーベルが行う定期購読サービス「Sounds Delicious」は、ここでしか手に入らないフル・アルバムが毎月届けられるサービスです。

『Full Moon Fever』の丸ごとカヴァー・アルバムは海外で10月26日発売。「Sounds Delicious」サービスの一環してリリースされます。