HOME > ニュース >

2018年上半期の米国 CD販売が急落、ストリーミングが業界全売上の75%を占める

2018/09/22 06:25掲載
RIAA U.S Music Industry Revenues 1h 2018
RIAA U.S Music Industry Revenues 1h 2018
アメリカ・レコード協会(RIAA)は、2018年上半期(1月〜6月)の米レコード業界の売り上げに関するレポートを発表。それによれば、売り上げはトータル46億ドルで、2016年の35億ドル、2017年の42億ドルから増加しています。増加の牽引はストリーミングによる売り上げで、業界全体の75%を占めています。

報告によれば、デジタルダウンロードは前年から26.5%ダウンし全体の12%となり、またCDやアナログレコードなどのフィジカルも対前年で25%ダウンし全体の10%となっています。

フィジカルについては、CDの売り上げは前年の同時期と比較して41.5%の大幅減となりましたが、アナログレコードは対前年で12.8%増加しています。

※上記図の「Synch」は音源使用料

レポートの詳細は以下のURLのページでご覧になれます。

https://www.riaa.com/wp-content/uploads/2018/09/RIAA-Mid-Year-2018-Revenue-Report.pdf