HOME > ニュース >

ムッシュかまやつ『ゴロワーズ』がリマスター再発、コーネリアスとのライヴ音源を追加収録

2018/08/16 07:32掲載
ムッシュかまやつ / ゴロワーズ
ムッシュかまやつ / ゴロワーズ
ムッシュかまやつが、小山田圭吾とトシ矢嶋のプロデュースのもと、アシッド・ジャズ界屈指のメンバーに囲まれ現地ロンドンで録音した1994年のアルバム『ゴロワーズ(Gauloise)』。最新リマスター盤が10月3日発売。ボーナストラックとして、コーネリアス(Cornelius)とのライヴ・ヴァージョン「Gauloise」収録。リイシュー元はブリッジ。トラットリア・レーベルの本格的活動開始25周年記念第1弾リリース。
■『ゴロワーズ(Gauloise)』

※以下インフォメーションより

ムッシュかまやつが、90年代渋谷系ブームのど真ん中で完成させた歴史的名盤復活。
コーネリアス小山田圭吾とトシ矢嶋のプロデュースのもと、アシッド・ジャズ界屈指のメンバーに囲まれ現地ロンドンで録音。
トラットリア・レーベルの本格的活動開始25周年記念第1弾リリース。
この盤を聴かずしてムッシュを語ることはできない。ボーナストラックとして、コーネリアスとのライヴ・ヴァージョン「ゴロワーズ」収録。

●オリジナルリリース:1994/4/25(MENU-38/PSCR-5303)
●2018年最新リマスタリング
●中村俊夫氏によるライナーノーツ収録
●当時の歌詞カード、ミュージシャン達(井上陽水、吉田美奈子、荏開津広)による解説・ライナーノーツも復刻。

コーネリアスがかつて主催していたレーベル“トラットリア"内レーベル“mo'music"主催のトシ矢嶋氏が声をかけ、ブランニュー・ヘヴィーズ、ジェイムス・テイラー等の当時の英国のアシッド・ジャズシーンを代表するアーティスト達がムッシュかまやつの元に集まり、夢の様なコラボレーションが実現した。 メイン曲である「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」をはじめ、 70年代のムッシュのライヴ定番曲だった「のんびりいくさ」のリメイク「Walk On People」、アルバム『ムッシュ・ファースト・ライヴ』(78年)が初出の「Music, Music」以外は、すべて書き下ろしだった。ボーナストラックではムッシュかまやつとコーネリアス・ロックン・ロール・オーケストラル・サーカスによるライヴ・ヴァージョンの「ゴロワーズ」を収録。(トラットリアのコンピレーション『Menu.42』(1994年)に収録。)

<参加ミュージシャン>
ヤン・キンケイド(ブランニュー・ヘヴィーズ)
アンドリュー・レイビー(ブランニュー・ヘヴィーズ)
サイモン・バーソロミュー(ブランニュー・ヘヴィーズ)
ジェイムス・テイラー(J.T.Q)
D.C.リー
コンスタンチン
スノーボーイ
マイク・スミス
ジェラード・プレゼンサー
デニス・ローリンズ
Joy

<トラックリスト>
1. Gauloise
2. Walk on People
3. Monsieur Taylor's New Brand
4. Denmark Street
5. Weekday
6. Novellino
7. Music, Music
8. Asian Monochrome Jazz
9. Hotel Regina Isabella
10. Fungi Porcini
11. Gauloise(Live Version) ムッシュかまやつ with Cornelius Rock'n roll Orchestral Circus ※ボーナストラック