HOME > ニュース >

『ミュージック・マガジン』8月号の特集は「2018年前半の最重要アルバム100」

2018/07/13 01:39掲載
ミュージック・マガジン 2018年8月号
ミュージック・マガジン 2018年8月号
『ミュージック・マガジン』最新8月号の特集は「2018年前半の最重要アルバム100」。音楽ジャンルの細分化やリリース形態の多様化などで、音楽の動きをなかなか把握しづらい状況が進むなか、よりわかりやすく現在のシーンの状況をつかむため、2018年も半分をすぎたこの時期に、一度、話題作・重要作をまとめて紹介。7月20日発売
●『ミュージック・マガジン 2018年8月号』

【特集】 2018年前半の最重要アルバム100

近年、音楽ジャンルの細分化、サブスクリプション・サーヴィスを始めとしたリリース形態の多様化など、音楽の動きをなかなか把握しづらい状況が進んでいます。本誌では毎年1月号の「ベスト・アルバム特集」で全体のシーンをまとめて振り返っていますが、よりわかりやすく現在のシーンの状況をつかむため、2018年も半分をすぎたこの時期に、一度、話題作・重要作をまとめて紹介することにしました。聴き逃していた作品があれば、ぜひ聴いてみてください。

■ 2018年前半の最重要アルバム100(赤尾美香、池上尚志、今井智子、大石始、大鷹俊一、岡村詩野、小野島大、金子厚武、河地依子、木津毅、小出斉、小山守、鈴木孝弥、高橋健太郎、高橋芳朗、土佐有明、柳樂光隆、萩原健太、長谷川町蔵、原雅明、原田和典、二木信、松永良平、松山晋也、宮子和眞、宗像明将、村尾泰郎、山口智男、油納将志、吉本秀純、渡辺健吾、渡辺亨、渡辺裕也、久保太郎、高橋修、新田晋平)

■ 現在のシーンを読み解くキーワード
(1)発展を遂げる南ロンドンのシーン(油納将志)
(2)XXXテンタシオンの死とエモ・ラップ(渡辺裕也)
(3)スピリチュアル/アフロ・ジャズ(吉本秀純)
(4)音楽家カニエ・ウェストの健全化(長谷川町蔵)
(5)ジャンルをまたぐR&Bの新潮流(木津毅)
(6)日本インディーの浸透と定着(松永良平)
■ 執筆者が選ぶ~2018年前半、わたしの一枚

【特集】 BTS現象

韓国の男性7人組グループ、BTS(防弾少年団)の “Love Yourself 轉 `Tear'" が米“ビルボード"アルバム・チャートで1位を獲得した。これはアジア人アーティストとして初の記録であり、自国向けに作られた非英語圏の作品での米チャート制覇も珍しいことだ。ここでは、彼らの歩みを追いながら、その成功の秘密と音楽的な魅力や背景を探ってみたい。

■ なぜBTSがアメリカのチャートを制覇できたのか(soulitude/鳥居咲子)
■ ヒップホップ・ミーツ・K-POPがアメリカでもクールに(soulitude/鳥居咲子)

□ ハンバート ハンバート~結成20周年を迎えた夫婦デュオ(大石始)
□ LEO今井~ライヴ・バンドと作り上げた『VLP』(廿楽玲子)
□ 怒髪天~時勢の悪化への危機感に満ちた『夷曲一揆』(小山守)
□ Sweet Robots Against The Machine(小野島大)
□ 石橋英子(松山晋也)
□ ルイス・コール(渡辺亨)
□ たをやめオルケスタ(池上尚志)
□ モーゼス・サムニー(岡村詩野)
□ アンダーワールド&イギー・ポップ(大鷹俊一)
□ キャット・エドモンソン(宮子和眞)
□ COSMIC TEMPLE(土佐有明)
□ 球体のポー(岡村詩野)
□ 鈴木実貴子ズ(大谷隆之)

Front Line
◇ 大森靖子
◇ Darjeeling
◇ ジ・インターネット
◇ ロス・フロム・フレンズ
◇ ドリアン・コンセプト
◇ レックス・オレンジ・カウンティ
◇ Yasei Collective
◇ moke(s)
◇ 杏沙子
◇ Negicco