HOME > ニュース >

エルヴィス・プレスリーの最新ドキュメンタリー『The Searcher』 日本放送決定

2018/07/12 02:39掲載
Elvis Presley / The Searcher: The Original Soundtrack
Elvis Presley / The Searcher: The Original Soundtrack
エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)の最新ドキュメンタリー『Elvis Presley: The Searcher』が日本放送決定。『エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー 〜キング・オブ・ロックの魂の記録〜』の邦題で8月16日(木)にWOWOWにて放送されます。

●『エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー 〜キング・オブ・ロックの魂の記録〜』
WOWOW 2018年8月16日(木)(前編 20:00〜 / 後編 22:00〜)

ロックンロールの伝説的存在、エルヴィス・プレスリー。彼の知られざる内面に深く入り込み、常に音楽を通して何かを探求し続けた孤高の男の姿を描き出す。

アメリカ・HBOで2018年4月14日に放送されたドキュメンタリー前後編の前編。プレスリー自身が歌っている姿など、新たに発掘された貴重な映像・写真を豊富に使い、プレスリーが残したヒット曲・名曲もたっぷりと聴かせる。プレスリーに強く影響を受けた大物たち、ブルース・スプリングスティーン、トム・ペティなどのコメントも満載。タイトル中の“ザ・サーチャー”が意味するのは、プレスリーが音楽を通じて、何かを探求し続けたこと。

1935年、南部ミシシッピ州の貧しい家に生まれたプレスリーは、幼いころからギターの演奏に熱中。家族と引っ越した先のメンフィスはアフリカ系市民が多く住み、プレスリーは彼らの音楽、リズムアンドブルース(R&B)をよく聴いた。高校卒業後、才能を認められたプレスリーはプロ歌手になり、白人のカントリー音楽にアフリカ系市民のR&Bをミックスさせることで独自の音楽性を発揮。

しかし、まだ保守的だった時代とあって歌手プレスリーはアフリカ系市民を差別する人々から嫌われ、教育界では若者たちを不良にするなどの批判を浴びた。それでも時代のカリスマになったプレスリーは次々とヒット曲を量産し、歴史に残る偉大な存在になっていく…。

http://www.wowow.co.jp/detail/113420/001/01



以下は以前に公開された映像・音源

本編クリップ映像






サウンドトラック・アルバム Spotifyで全曲リスニング可


「Suspicious Minds (Take 6) 」