HOME > ニュース >

『機動戦士ガンダム』ハリウッド実写映画化、米レジェンダリーとサンライズの共同製作

2018/07/06 07:22掲載(Last Update:2018/07/06 12:11)
機動戦士ガンダムI
機動戦士ガンダムI
ハリウッド・リポーター誌など米メディアによれば、『機動戦士ガンダム』のハリウッド実写映画化が製作進行中。『パシフィック・リム』『GODZILLA ゴジラ』などで知られる米レジェンダリー・エンターテインメントと、日本のサンライズが共同製作する予定。これはロサンゼルスで開催されている<アニメ・エキスポ>で発表されたもの。このプロジェクトは、サンライズのクリエイティブチームと、『パシフィック・リム: アップライジング』のプロデューサー、ケイル・ボイターが企画を指揮します。ストーリーなど詳細はまだ明らかにされていません。

【Update:2018/07/06 12:09】
サンライズより公式発表

以下、オフィシャル・プレスリリースより

アニメーションを中心としたオリジナルIP(Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産)を40年以上の長きに渡り創出し続けてきた株式会社サンライズ(バンダイナムコグループ、本社:東京都杉並区、代表取締役社長:宮河恭夫)と、数々の映画を世界的大ヒットに導いてきたLEGENDARY(本社:米国、カリフォルニア州)は、サンライズの世界的人気アニメーション『機動戦士ガンダム』シリーズの実写映画を共同開発することにつき、契約を締結しました。

『機動戦士ガンダム』は、1979年に日本でTV放送が開始され、来年で40周年を迎えます。この40年の間にさまざまなシリーズを展開し、当時のファンだけでなく、年齢・性別を問わず幅広い層にご支持いただいており、その人気は、日本に留まらず、世界中に広がっています。

また、今年は、LEGENDARY制作の『PACIFIC RIM: Uprising』やスティーブン・スピルバーグ監督作品『READY PLAYER ONE』といった大ヒット作品へ登場するなど、世界での注目が高まっています。

実写映画の詳細につきましては、決まり次第随時お知らせしてまいります。

なお、Anime Expo 2018(7月5日〜8日Los Angeles Convention Center)にて開催したサンライズパネル(現地時間7月5日13時(日本時間7月6日5時)より開催)内にて、Cale Boyter氏(Executive Vice President of production/LEGENDARY)、Robert Napton氏(Senior Vice President of Publishing/LEGENDARY Comics)、田口三昭(株式会社バンダイナムコホールディングス代表取締役社長)、宮河恭夫(株式会社サンライズ代表取締役社長)が登壇し、この件につき発表を行いました。
この発表の模様を、下記サイトにて動画でご覧いただけます。



http://www.sunrise-inc.co.jp/work/news.php?id=15705