HOME > ニュース >

オモチャのような外観ながら中身は本格的、子ども向け本格シンセサイザー『Blipblox』が新たな映像/音源を公開

2018/06/25 06:41掲載
BLIPBLOX
BLIPBLOX
オモチャのような可愛らしい外観ながら中身は本格的。子ども向け本格シンセサイザー『Blipblox』が新たな映像/音源を計5本公開。本作品は6月25日よりクラウドファンディングサイトのIndiegogoにてプレオーダー・キャンペーンがスタートします。出荷は2018年9月を予定。

『Blipblox』はサンフランシスコのスタートアップ企業、Playtime Engineeringが開発したもの。世界最大の楽器ショー<The NAMM Show>でも話題を集めた本商品は、単なるプリセット音が鳴るだけのオモチャでなく、多彩な機能を搭載し、様々な音色を作り出すことができる本格シンセサイザー。ソフトウェアをダウンロードするといった手間もいらずに、電源をオンにするだけですぐに楽しめます。スピーカーも内蔵。

対象年齢は3歳から。子どもが落としたり投げたり、乱暴に扱っても壊れない国際規格に適合した安全設計となっています。

価格はまだ発表されていませんが、以前は159ドル(約1万7千円)を予定していると告知されていました。

新たに公開された映像

Introducing the Blipblox


Blipblox Additional Features


Blipblox MIDI functions


Blipblox Fun Track


Blipblox Glitch Mix


●Indiegogo内 『Blipblox』ページ
https://www.indiegogo.com/projects/the-blipblox-synthesizer-toys-kids/coming_soon

●『Blipblox』

[仕様]
A professional synthesis engine, MIDI input, Audio output, 8 oscillator schemes, low pass filter, 2 envelope generators, 2 LFOs and 3-in/3-out modulation matrix make it ready for a pro studio setup.

[公式サイト]
https://blipblox.com/

以下は以前に公開された映像