HOME > ニュース >

カート・コバーンのアイテムも数多く展示、カートの生まれ故郷の博物館で火災が発生、建物の大部分が焼損

2018/06/13 16:06掲載
Kurt Cobain
Kurt Cobain
ニルヴァーナ(Nirvana)カート・コバーン(Kurt Cobain)の生まれ故郷、米ワシントン州アバディーンの博物館Aberdeen Museum of Historyで火災が発生し、建物の大部分が焼損。この博物館には、カートのアイテムも数多く展示されています。展示物の被害については、まだ伝えられていません。地元メディアによれば、怪我人はいないようです。

博物館のディレクター/キュレーターのデイヴ・モリスは「ニルヴァーナのアイテムを見に世界中から人々がやってきています。その後、人々は他の展示物を見て感銘を受けています。アバディーンはカート・コバーンだけでなく、もっと多くのことがあります」とコメント。デイヴはまた、この火事で全てを失ったとしても、それは彼が伝える街の物語のひとつに過ぎないと語っています。「歴史は刻々と作られる。この火災も歴史です。これも歴史に記されるでしょう。私達は再建し前進して歴史を保存していくつもりです。それが私の仕事なのです」とも述べています。

写真・映像あり