HOME > ニュース >

40,000本のマッチ棒からエレキギターを製作 18年の歳月をかけて作られたマッチ棒ギターが話題に

2018/06/02 04:12掲載
Matchsticks Guitar
Matchsticks Guitar
40,000本のマッチ棒からエレキギターを製作。18年の歳月をかけて作られたマッチ棒ギターが話題に。

手がけたのは20年以上のギター・デザイン&製作経験のあるディーン・フレーザー。14歳で最初のギターを作ったディーンは、イギリス軍に16年間在籍し、退役後にギター・ショップ『Fraser Guitars』を始めています。このショップではヴィンテージ・ギターを主に取り扱っていますが、ディーンによるオリジナル・デザインのギターを販売しています。

マッチ棒ギターは、ディーンが1998年より製作を始めたもの。マッチ棒でギターの表面を覆ったものではなく、ボディ、ネックなどは完全にマッチ棒だけで作られているとのこと。ディーンは16年間の軍事キャリアがあったため、18年という長い時間がかかったと述べています。

ディーンによれば、このギターは実際に演奏も可能で「ハイエンド(高級)ギターと同じくらい良い音を出す」と説明しています。

<仕様>
Body all Matchsticks
Neck all Matchsticks
Pickguard all Matchsticks
Pickup covers all Matchsticks
Jack socket all Matchsticks
Trem cover all Matchsticks
Switch tip all Matchsticks
Trem tip all Matchsticks
Knobs all Matchsticks