HOME > ニュース >

ジェイソン・ベッカーの新作舞台裏 ドラマー グレッグ・ビソネットのレコーディング映像を公開

2018/05/29 14:51掲載
Jason Becker
Jason Becker
20年以上、ALS(筋萎縮性側索硬化症)によって体の自由を奪われながらも家族や仲間の支えで作曲家として現在も創作活動を続けている、カコフォニー(Cacophony)デヴィッド・リー・ロス・バンドでの活躍で知られるジェイソン・ベッカー(Jason Becker)。現在、新アルバムを制作しているジェイソンが新たな舞台裏映像を公開。今回観れるのは、ドラマー、グレッグ・ビソネット(Gregg Bissonette)のレコーディングの様子。ジェイソン・ベッカーとグレッグ・ビソネットはデイヴィッド・リー・ロス・バンドで共に活躍、2人ともデイヴィッド・リー・ロスのソロ・アルバム『A Little Ain't Enough』(1991年)に参加しています。



今回のアルバムは、ジェイソンが新たに書いた新曲と、これまで未発表であった楽曲などで構成される予定。さまざまなゲスト・ギタリストを迎えたアルバムを予定しており、彼の親しい友人で、エミー賞の受賞歴もあるプロデューサーのダン・アルヴァレスとともに制作を行っています。

このアルバムはクラウドファンディングサイトのIndiegogoにて行われた資金調達キャンペーンを活用して制作されています。正式なリリース日はまだ発表されていません。

●Indiegogo内 ジェイソン・ベッカー・ページ
https://www.indiegogo.com/projects/jason-becker-s-new-album-music-guitar#/

以下は以前に公開された映像

ブルガリアで行われたストリングス&ホーン・レコーディングの様子


サンフランシスコ州立大学のストリングス・カルテットが参加したリハーサルの様子


☆ギタリストMattias IA Eklundh による新曲「Valley of Fire」の即興演奏


☆デヴィッド・リー・ロスやジョー・サトリアーニ、リンゴ・スターらとの共演でも知られるベーシスト、マット・ビソネットのベース・レコーディングの様子


アーチ・エネミー(ARCH ENEMY)ネヴァーモア(NEVERMORE)での活躍で知られるギタリスト、ジェフ・ルーミス(Jeff Loomis)のギター・レコーディングの様子


ジェファーソン・スターシップ(Jefferson Starship)のギタリスト、ジュード・ゴールドが参加したレコーディング・セッションの様子


☆新曲のストリング・リハーサル・セッション映像。完成版にはマーティ・フリードマン(Marty Friedman)が参加する「Triumphant Heart」と、完成版にはウリ・ジョン・ロート(Uli Jon Roth)クリス・ブロデリック(Chris Broderick)が参加する「Magic Woman」

Jason Becker - 1st string rehearsal for Magic Woman - by Shota Nakama


Jason Becker - Triumphant Heart - 1st String Rehearsal by Shota Nakama


☆新曲「Purple(仮タイトル)」のレコーディングの様子。レコーディングにはギタリストのデイヴ・シュル(Dave Shul)が参加