HOME > ニュース >

トム・ヨーク音楽担当、『サスペリア』のリメイク版映画 全米公開日決定、日本は2019年1月公開予定

2018/05/15 15:22掲載
Suspiria - Courtesy of Amazon Studios
Suspiria - Courtesy of Amazon Studios
レディオヘッド(Radiohead)トム・ヨーク(Thom Yorke)が音楽を担当する、ホラー・クラシック『サスペリア』のリメイク版映画『Suspiria』。全米公開日が11月2日に決定。日本ではギャガ配給で2019年1月に公開予定です。

鬼才ダリオ・アルジェントの傑作ホラー『サスペリア』(1977年)をリメイクしたのは、『君の名前で僕を呼んで』『胸騒ぎのシチリア』『ミラノ、愛に生きる』で知られるルカ・グァダニーノ監督。脚本は『胸騒ぎのシチリア』で一緒に仕事をしたデヴィッド・カイガニック。出演はダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ、ミア・ゴスほか。

ギャガによればリメイク版は「旧作とは異なるラストに新たな旋律が走る!」