HOME > ニュース >

老舗ギターメーカーのギブソン、破産申請

2018/05/02 01:49掲載(Last Update:2018/05/02 07:19)
Gibson
Gibson
老舗ギターメーカーのギブソン・ブランズは5月1日、日本の民事再生法に相当する「連邦破産法11条」の適用を米デラウェア州の裁判所に申請。米メディアによれば、ギブソンは現在、最大5億ドル(約545億円)の負債を抱えています。

ギブソンは債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、今後はWurlitzer、Dobro、Epiphone、KRK、Cerwin Vegaなどのブランドを含む楽器や機器の設計、製造、販売に事業を集中して継続しつつ、経営の立て直しを目指すとしています。

ギブソンは、ヨーロッパの企業のオーディオ部門を買収したりするなど事業の拡大が経営を圧迫し業績を悪化させたとして、今後は本業に専念する考え。そのため、Philipsブランドのヘッドフォンやスピーカー、その他の電子アクセサリーを作るギブソン・イノベーション部門を段階的に廃止する考えも明らかにしています。