HOME > ニュース >

タワー・オブ・パワーが50周年を記念した新アルバム『Soul Side of Town』を6月発売、1曲試聴可

2018/04/26 06:59掲載(Last Update:2018/04/28 06:55)
Tower of Power / Soul Side of Town
Tower of Power / Soul Side of Town
タワー・オブ・パワー(Tower of Power)が結成50周年を記念した新アルバム『Soul Side of Town』を海外で6月1日発売。

新作のためのレコーディング・セッションは2012年以降の6年間に計4回にわたって行われています。トータルで28曲が出来あがり、新作にはその中から14曲が収録される予定。共同プロデューサーとしてジョー・ヴァネッリが参加しています。

アルバムから新曲「On the Soul Side of Town」が試聴可。この曲はレオ・サックス(Leo Sacks)との共作です。



プロモ映像あり

<レコーディング参加予定メンバー>

Emilio Castillo - tenor and alto saxophones, backing and occasional lead vocals
Stephen 'Doc' Kupka - baritone saxophone, backing vocals, oboe
Francis 'Rocco' Prestia - bass
David Garibaldi - drums, occasional backing vocals, percussion
Jerry Cortez - guitar, backing vocals
Roger Smith - keyboards, backing vocals
Tom Politzer - tenor saxophone
Sal Cracchiolo - trumpet
Adolfo Acosta - trumpet, flugelhorn
Marcus Scott - lead vocals
Ray Greene - lead vocals