HOME > ニュース >

ボーイズ・ノイズの来日公演が5月に決定

2018/04/17 06:03掲載
Boys Noize
Boys Noize
ボーイズ・ノイズ(Boys Noize)が来日。都内クラブでは約3年ぶりとなるプレイで、5月25日(金)に東京・Contactにて行われます。

<Bois Noize>

●5/25(金)Contact

10PM | Before 11PM \\1000, Under 23 \\2000, CHAOS member / GH S members \\2500, w/f ¥3000, Door \\3500
------------------------------------------------------------

Studio:
Boys Noize
Hoshina Anniversary (Turbo Recordings | Boysnoize Records)
Jommy
Licaxxx

Contact: -TREKKIE TRAX LABEL SHOWCASE-
BDH (BUDDHAHOUSE)
Carpainter -DJ Set
EGL
futatsuki
Masayoshi Iimori
Seimei

Foyer: -Presented by OTHERTHEQUE-
Boys Get Hurt
JUNSHIMBO (OTHERTHEQUE)
JSQUARED (NDYD Records)
U NGSM (SWIMS)
hosi_mo
YUKI IKEDA

Foyer2:
[DISPLAY]
BYB Amsterdam

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.contacttokyo.com/schedule/boys-noise/

【Boysnoize軍による極厚テクノ/エレクトロ】

ダンスミュージックに大胆不敵なエレクトロ旋風を巻き起こしたBoys NoizeがContactへ登場! プロデューサーとレーベルマネージャーのふたつの立場から、00年代に無視することのできない存在へと成長したAlexander RidhaによるプロジェクトBoys Noize。DJ HellのInternational Deejay Gigoloから2004年にデビュー後、セルフレーベルBoysnoizeをつうじて、エレクトロとテクノを独自に解釈した奔放なサウンドをリリース。さらには、TigaのTurboやErol AlkanのPhantasy Soundへも楽曲提供を果たした。
そうした活動と並行して、Housemeister、Shadow Dancer、Peachesといったアーティストたちとビジョンを共にしながら、Boys Noizeは豪快なビートとベースラインのパーティーチューンを自らのレーベルから世に送り出してきた。Hoshina AnniversaryがBoysnoizeに加わったのはアルバム「Barcelona」をリリースした2014年だが、それ以前にも複数のEPを発表しているキャリアの持ち主だ。最近ではTurboのサブレーベル”Twin Turbo”からもリリースしており、Boys Noizeとの相性は折り紙付き。ふたりの共演するStudio Xフロアでは、終始、エネルギー全開のプレイが披露されるに違いない。
Contactフロアでは、東京拠点のネットレーベル”Trekkie Trax”がBDH、Carprainter、EGL、futatsukiといったアーティストと共にショーケースを開催! 2012年に10代を中心に発足した若きレーベルが、東京発のフレッシュなサウンドを提供する。