HOME > ニュース >

高橋幸宏、ごく初期の網膜剥離が見つかり硝子体手術を行ったことを発表

2018/04/09 21:17掲載(Last Update:2018/04/09 21:39)
高橋幸宏
高橋幸宏
高橋幸宏に、ごく初期の網膜剥離が見つかり、硝子体手術を行ったことが、所属するヒンツ・ミュージックのFacebookページにて発表されています。幸い術後の経過は順調で、数日内の退院が予定されています。

以下ヒンツ・ミュージックより

お知らせ

弊社所属アーティスト、高橋幸宏は、
定期健康診断においてごく初期の網膜剥離が発見され、過日、硝子体手術を行ないました。
幸い術後の経過も順調で、数日内の退院が予定されています。
数週間の間、自宅での休養を要しますが、過度な運動を避ければ日常生活に支障はありません。
5月11日開催のTHE BEATNIKSコンサートに向けてゆっくりと調整してまいる所存です。

関係者並びにファンの皆様に、ご迷惑・ご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げますとともに、引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。