HOME > ニュース >

シーナ&ロケッツ題材のNHKドラマ『You May Dream 〜ユーメイ ドリーム』 全国放送決定

2018/04/07 20:57掲載(Last Update:2018/04/07 21:31)
NHK『You May Dream 〜ユーメイ ドリーム』(c)NHK
NHK『You May Dream 〜ユーメイ ドリーム』(c)NHK
シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)を題材とした、NHK福岡発のドラマ『You May Dream 〜ユーメイ ドリーム』。3月に九州沖縄地方で先行放送された本番組の全国放送が決定。NHK BSプレミアムで5月6日(日)に放送されます


●福岡発地域ドラマ『You May Dream』
先行放送:NHK総合 2018年3月2日(九州沖縄地方)
全国放送:NHK BSプレミアム 2018年5月6日(日)午後0:45〜1:58

NHK福岡放送局では、15年にわたり福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあて、福岡の魅力的な姿や風景をドラマの舞台とし、福岡に生きる人々の姿をいきいきと描き出す「地域ドラマ」を制作してまいりました。

そして15作目となる今年度は シーナ&ロケッツを題材としたドラマを制作いたします。実在のロックバンドをテーマに描くドラマ、NHK福岡でも初の試みになります。

主な舞台は70年代の福岡、北九州。シーナさんこと鮎川悦子さん、そして鮎川誠さん・・・
のちに輝かしい成功をおさめたシーナ&ロケッツがどのように羽ばたいていったのか、なつかしさを感じさせる福岡や北九州の情景を舞台に、音楽でも人生でも最高のパートナーとして共に歩んだ2人の姿をいきいきと描きます。

<制作にあたって>
シーナさんが亡くなって間もない頃に鮎川誠さんへインタビューを行った、鮎川さんの言葉がひたすらつづられた「シーナの夢」という本があります。それにインスパイアされ我々も取材を進め、鮎川さんをはじめ、さまざまなゆかりの方々に当時のいろんなお話しをうかがい、このたびのドラマ化にいたりました。

北九州・若松出身のシーナさんこと副田悦子さん、そして久留米出身の鮎川誠さん。お二人の青春時代に訪れた偶然ともいえる福岡での出会い。そして東京へと羽ばたいていく過程で欠かすことのできなかったシーナさんの父・副田敏雄さんの存在・・・いかにしてシーナ&ロケッツが生まれていったのか― 事実に即しつつ多少の脚色を加えて、お二人の出会いからデビュー直前ごろを軸に描いてまいります。

[制作統括]
福岡放送局 放送部 番組制作チーフ・プロデューサー
一坊寺 剛

<出演>
シーナ(悦子)役:石橋静河
鮎川誠役:福山翔大
シーナの母 スエ子役:徳永玲子
シゲ役:佐田正樹 (バッドボーイズ)
シーナの父 敏雄役:松重豊

<メッセージ>

2017年11月、シーナ&ロケッツは40周年を迎えました。
そんなメモリアルなタイミングで、ぼくたちの青春がドラマになるのはちょっと恥ずかしい気もしますが、ファンのみなさんと同じく、自分もとても楽しみです。
天国に行ってから3年になろうとしているシーナも、きっと楽しみにしてくれていると思います!

・・・鮎川 誠

<スタッフ>
脚本:葉月けめこ
制作統括:一坊寺 剛
演  出:浜崎智史

●『You May Dream 〜ユーメイ ドリーム』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/dream/