HOME > ニュース >

メイシオ・パーカーの来日公演が6月に決定、レイ・チャールズへ捧げるステージが日本初上陸

2018/03/28 18:41掲載
Maceo Parker
Maceo Parker
ジャズ/ソウル界のレジェンド、メイシオ・パーカー(Maceo Parker)の来日公演が6月に決定。レイ・チャールズ(Ray Charles)へ捧げる話題のステージが日本初上陸。7日(木)〜10日(日)にブルーノート東京にて行われます。

"THIS IS RAY CHARLES"
starring MACEO PARKER & HIS BIG BAND
featuring THE RAELETTES & STEVE SIGMUND conducting
メイシオ・パーカー & ヒズ・ビッグ・バンド
“ディス・イズ・レイ・チャールズ”
featuring ザ・レイレッツ & スティーヴ・シグムンド


●2018 6.7 thu., 6.8 fri., 6.9 sat., 6.10 sun. ブルーノート東京

*6.7 thu., 6.8 fri.
[1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm

*6.9 sat., 6.10 sun.
[1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

【MEMBER】
Maceo Parker(vo,sax)
Steve Sigmund(conductor)
他メンバー未定

【MUSIC CHARGE】
¥8,800(税込)

【チケット】
Jam Session会員予約受付開始日:4.12 thu.
一般Web先行予約受付開始日:4.19 thu.
一般電話予約受付開始日:4.22 sun.

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/maceo-parker/

2004年以来となるスタジオアルバムの最新リリースも話題!“ファンキー・サックスの王者”、メイシオ・パーカーが8年ぶりにブルーノート東京に登場する。25年間に及ぶジェイムズ・ブラウンとの共演で名声を確立したメイシオだが、今回は「ホワッド・アイ・セイ」「わが心のジョージア」など数々の大ヒットを誇る伝説的シンガー/ピアニスト、レイ・チャールズへのトリビュートだ。このプロジェクトは2014年に始まり、16年のハリウッド・ボウル公演には1万人の観客が集結。同年のモンタレー・ジャズ祭でも大好評を博した。少年の頃からレイの音楽に心酔してきたメイシオが、レイゆかりのコーラス“レイレッツ”や、17年間レイのバンドに在籍したスティーヴ・ジグムンドらと紡ぐ、ソウルフルな音楽世界に酔いしれたい。