HOME > ニュース >

マニック・ストリート・プリーチャーズが新曲「Dylan & Caitlin」のアコースティック・パフォーマンス映像を公開

2018/03/09 17:08掲載
Manic Street Preachers - photo Alex Lake
Manic Street Preachers - photo Alex Lake
マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)が新曲「Dylan & Caitlin」のアコースティック・パフォーマンス映像を公開。この曲は4年ぶりの新アルバム『Resistance Is Futile』に収録。この曲にはザ・アンコレス(The Anchoress)ことキャサリン・アン・デイヴィスがフィーチャリング参加しています



アルバム・ヴァージョンはSpotifyで聴けます



アルバムは海外で2018年4月13日、日本で4月18日に発売。日本盤のみボーナストラック3曲を追加収録。

スタジオアルバムの発表は2014年の『Futurology』以来。通算13作目。バンドの長年のコラボレート相手であるプロデューサーのデイヴ・エリンガとミックス・エンジニアのクリス・ロード・アルジを迎え、バンドの新しいレコーディング・スタジオ、ドア・トゥ・ザ・リバー・スタジオで初めてレコーディングしたアルバム。彼らが“ワイドスクリーン・メランコリア”と考えるクラシック・マニックス・サウンドへの回帰を告げる作品。

アルバム全体のインスピレーションは、イヴ・クラインのインターナショナル・クライン・ブルーの深い広がりや、有名人と匿名<デヴィッド・ボウイとヴィヴィアン・マイヤー>両方の死、リヴァプールの街、そしてディラン&ケイトリン・トマス夫妻の陶酔的な関係から生まれています。

メンバーのニッキー・ワイアーは「こんなにめちゃくちゃで機能不全の世界だと、僕たちは隠れ場として、そして武器としてのアートという考えを避けずにはいられない。記憶、喪失感、そして優しさが、アルバム全体に大きく漂っているんだ。フィル・オックスの言葉を借りれば、『こんなに醜い時代には、美だけが真の抵抗になる』のさ」と新作に関して語っています

以下は以前に公開された映像・音源

「Distant Colours」のリリックビデオ


「Distant Colours」のミュージックビデオ


「International Blue」のアコースティック・ヴァージョン(The Bluer Skies Version)


「International Blue」のミュージックビデオ


「International Blue」のリリックビデオ。


アルバム・トレーラー映像
●『Resistance Is Futile』

1. People Give In
2. International Blue
3. Distant Colours
4. Vivian
5. Dylan & Caitlin
6. Liverpool Revisited
7. Sequels Of Forgotten Wars
8. Hold Me Like A Heaven
9. In Eternity
10. Broken Algorithms
11. A Song for The Sadness
12. The Left Behind

☆JAPAN BONUS TRACKS
13. Holding Patterns
14. Mirror Gaze
15. International Blue (The Bluer Skies Version)

[Deluxeのみ]

1. People Give In (Demo)
2. International Blue (Demo)
3. Distant Colours (Demo)
4. Vivian (Demo)
5. Dylan & Caitlin (Demo)
6. Liverpool Revisited (Demo)
7. Sequels Of Forgotten Wars (Demo)
8. Hold Me Like A Heaven (Demo)
9. In Eternity (Demo)
10. Broken Algorithms (Demo)
11. A Song for The Sadness (Demo)
12. The Left Behind (Demo)
13. Concrete Fields
14. A Soundtrack To Complete Withdrawal