HOME > ニュース >

ライ・クーダーが6年ぶりのソロ・アルバム『The Prodigal Son』を5月発売、1曲試聴可

2018/03/02 03:54掲載
Ry Cooder / The Prodigal Son
Ry Cooder / The Prodigal Son
ライ・クーダー(Ry Cooder)が6年ぶりのソロ・アルバム『The Prodigal Son』を海外で5月11日発売。リリース元はFantasy Records。

ソロ名義のスタジオ・アルバム・リリースは2012年の『Election Special』以来。新作は全11曲入りで、ライ・クーダーによるオリジナル曲と、過去100年のお気に入りのスピリチュアル(霊歌)のカヴァーで構成。レコーディングはハリウッドで行われ、ライ自身と、彼の息子であり、チーフ・コラボレーターでもあるドラマーのヨアキム・クーダーが共同プロデュースを手がけています。

新曲「Shrinking Man」が聴けます

●『The Prodigal Son』

1. Straight Street (James W. Alexander/Jesse Whitaker)
2. Shrinking Man (Ry Cooder)
3. Gentrification (Ry Cooder/Joachim Cooder)
4. Everybody Ought to Treat a Stranger Right (Traditional; Blind Willie Johnson)
5. The Prodigal Son (Traditional)
6. Nobody's Fault But Mine (Blind Willie Johnson)
7. You Must Unload (Alfred Reed)
8. I'll Be Rested When the Roll is Called (Blind Roosevelt Graves)
9. Harbor of Love (Carter Stanley)
10. Jesus and Woody (Ry Cooder)
11. In His Care (William L. Dawson)