HOME > ニュース >

NHK連続テレビ小説『カーネーション』が4月よりNHK総合で再放送決定、『マッサン』はBSプレミアムで

2018/02/21 19:18掲載
NHK『カーネーション』(c)NHK
NHK『カーネーション』(c)NHK
2011年10月から2012年3月にかけて放送されたNHK連続テレビ小説『カーネーション』が4月9日(月)よりNHK総合で再放送決定。1日に2回ずつ放送。毎週月曜から金曜 午後4時20分から午後4時50分に放送されます。

また2014年9月から2015年3月にかけて放送されたNHK連続テレビ小説『マッサン』が4月2日(月)よりNHK BSプレミアムで再放送決定。毎週月曜から土曜 午前7時15分から午前7時30分に放送されます

●NHK 総合 『カーネーション』

【放送予定】
2018年4月9日(月)より 毎週月曜から金曜
午後4時20分から午後4時50分
15分×全151回
1日に2回ずつ放送

【作】 渡辺あや
【音楽】佐藤直紀
【主題歌】椎名林檎 「カーネーション」

【出演】
尾野真千子、小林薫、麻生祐未、正司照枝、栗山千明、濱田マリ、田丸麻紀、尾上寛之、宝田明、十朱幸代、夏木マリ、新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子、綾野剛、星田英利、近藤正臣 ほか

【内容】
大正2年、大阪・岸和田の呉服商の娘として生まれた糸子(尾野真千子)。生まれながらにおてんばだった糸子はだんじり祭りが大好き。でもそれを曳くことができるのは男だけだった。「男やったら人生どんなに楽しいんやろ…」そう思った糸子は「女にしか出来んことを見つけて自由に生きたい」と裁縫の道を選ぶ。やがて岸和田のパッチ屋で1台のミシンと運命的な出会いを果たした糸子は、父の反対を押し切って女学校を中退。ミシン修業を積んで、20歳のとき、夢にまで見た洋装店を開業する。その後、糸子は22歳で結婚。3人目の子どもを身ごもったとき、夫は出征先で戦死し、女手ひとつで娘3人を育てることになる。絵が得意でお嬢さん育ちの長女、だんじり好きで男勝りの次女、そして女子テニスで日本一になった三女。個性あふれる母と子が織り成す涙と笑いの奮闘記。

【初回放送】
2011年10月3日から2012年3月31日
総合 連続テレビ小説として放送

●NHK BSプレミアム 『マッサン』

【放送予定】
2018年4月2日(月)より
毎週月曜から土曜 午前7時15分から午前7時30分まで
15分×150回

【脚本】 羽原大介
【音楽】 富貴晴美
【主題歌】 中島みゆき 「麦の唄」
【語り】 松岡洋子

【出演】
玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、相武紗季、八嶋智人、早見あかり、濱田マリ、西田尚美、 小池栄子、浅香航大、堀井新太、泉澤祐希、江口のり、前野朋哉、バッファロー吾郎A、及川いぞう、高橋元太郎、夏樹陽子、佐川満男、オール阪神・巨人、酒井若菜、温水洋一、蛍雪次朗、前田吟、西川きよし、風間杜夫、泉ピン子、堤真一 ほか

【内容】
ウイスキーがつくりたいのに、つくれない 夢に生きる不器用な日本男児“マッサン”
日本人になろうとするが、なれない 気品あふれるスコットランド人の妻“エリー”
デコボコ夫婦が織りなす、大いに笑って、大いに泣ける“夫婦の人情喜劇”
異国からやってきたエリーの眼差しが、厳しい時代を生き抜いた“日本人の底力”を描き出し、
日本の朝に“笑いと涙と夢と元気”をお届けする、マッサンとエリーの愛と冒険の物語

【初回放送】
2014年9月29日から2015年3月28日
総合 連続テレビ小説として放送