HOME > ニュース >

クインシーがその才能に惚れ込んだピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが自身のトリオを率いて来日

2018/02/14 18:16掲載
Alfredo Rodriguez
Alfredo Rodriguez
クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)がその才能に惚れ込んだピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)が自身のトリオを率いて来日。4月28日(土)29日(日)にブルーノート東京にて行われます

<ALFREDO RODRIGUEZ TRIO presented by QUINCY JONES PRODUCTIONS>

●2018 4.28 sat., 4.29 sun. ブルーノート東京

[1st]Open4:00pm Start5:00pm
[2nd]Open7:00pm Start8:00pm

【MEMBER】
Alfredo Rodriguez(p)
Munir Hossn(b,g)
Michael Olivera(ds)

【MUSIC CHARGE】
¥7,500(税込)

【チケット】
Jam Session会員予約受付開始日:2.23 fri.
一般Web先行予約受付開始日:3.2 fri.
一般電話予約受付開始日:3.5 mon.

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/alfredo-rodriguez/

昨年3月、リチャード・ボナと共に出演。鮮烈なパフォーマンスで満場を沸かせた鬼才ピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが最新作『ザ・リトル・ドリーム』を携えて再登場する。キューバを代表する歌手・作曲家アルフレディート・ロドリゲスの長男として生まれ、2006年にスイスのモントルー・ジャズ祭でワールド・デビュー。米国ポピュラー・ミュージック史上に輝く名プロデューサー、クインシー・ジョーンズの目に留まり、09年からアメリカに拠点を移して活動を続けている。通算4枚目の作品となる『ザ・リトル・ドリーム』は彼にとって原点回帰といえるトリオ編成の作品。アルバムと同じメンバーによる入魂のステージが待ち遠しい。