HOME > ニュース >

マンハッタン・トランスファーが9年ぶりの新アルバム『The Junction』を3月発売、1曲試聴可

2018/02/13 15:38掲載(Last Update:2018/02/28 14:19)
Manhattan Transfer / The Junction
Manhattan Transfer / The Junction
マンハッタン・トランスファー(Manhattan Transfer)が9年ぶりの新アルバム『The Junction』を海外で3月30日、日本で4月25日に発売。リリース元は海外はBMG、日本はビクターエンタテインメント。

マンハッタン・トランスファーは2014年にグループの創設者であったティム・ハウザーが亡くなり、同年にトリスト・カーレスが新たに加入しています。

スタジオ・アルバムの発表は2009年の『TKhe Chick Corea Songbook』以来。新体制後初めてリリースされるアルバムです。

レコーディングはテイク6(Take 6)で知られるマーヴィン・ウォーレンと共に行われています。

現在、新作から「Cantalooop (Flip Out!)」が公開中。Spotifyで聴けます。この曲は、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)の「Cantaloupe Island」をベースにしたUS3のヒット曲「Cantaloop (Flip Fantasia)」(1993年)のマンハッタン・トランスファー・ヴァージョンです

●『The Junction』

1. Cantaloop (Flip Out!)
2. Swing Balboa (Down on Riverside)
3. The Man Who Sailed Around His Soul
4. Blues For Harry Bosch
5. Shake Ya Boogie (Galactic Vocal Version)
6. Sometimes I Do
7. Ugly Man
8. The Junction
9. Tequila / The Way Of The Booze
10. Paradise Within (Paradise Found)